ブログパーツUL5 アルコール摂取 ⇒ 薬の投与 | 徒然ならない日々・・

日々の生活の中で徒然ならないことをそこはかとなく
記載しています。
はじめはプロフィールを見てくださいね。
<< バイオハザード実況プレイ4 | main | バイオハザード実況プレイ5 >>
アルコール摂取 ⇒ 薬の投与
0

    まいど。張翼です。

    今日は妻が1日友達の結婚式に出るということで関東まで行くということで、代打で母が息子の面倒を見るために参上しました。いやー、楽でした。オムツ・離乳食・ミルク・遊び・・全部やってくれたので、家の片付けや洗濯がすべて片付きました。
    母のほうも久しぶりに見る孫の世話が出来てとても楽しそうでした。まさに、WIN−WINの関係でしたね。
     
    さて、タイトルの件、薬物ではありませんよw

    今日は、心療内科受診の日でしたので、母に息子を見てもらって行って来ました。で、相変わらず寝る前にアルコール摂取の量が減らないことを申し出ると薬を出してくれるということになりました。その名も、

    ランドセン

    ・・・???

    これ?

    いや、これ?


    二番目はわからないよねw

    さてw、効果は以下の通りのようです。

    ランドセン錠(一般名:クロナゼパム)は1981年に発売された抗てんかん薬。抗てんかん薬は主にてんかん発作を抑える作用に優れるくるしですが、ベンゾジアゼピン系という薬に属し、この系統のお薬は抗けいれん作用以外にも

    抗不安作用(不安を和らげる)
    筋弛緩作用(筋肉の緊張を和らげる)
    催眠作用(眠くする)
    といった作用を持つとの事。

    私の場合は睡眠を促すためにいただいたようです。ただ、ここが難しいところで、要は『寝てしまうと朝になるから起きていたいけど、寝ないと明日がしんどい。でも明日への不安は抑えられないので、不安を抑制して眠りに付くためにアルコールを摂取する』という背景があるんですね。
    で、このランドセンはアルコールと一緒に飲むことは避けてくださいとのことなので、もしアルコールをやめると睡眠効果は表れるけど不安が残ったままになってしまうんですよ(もちろんソラナックス・メイラックスは飲んでますが)。アルコールを取って朝の目覚めと肝臓を害していくか、睡眠作用によって早く寝るようにするかなんですよね。で、結論。

    両方摂取してみたwww

    いやー、あいかわらず医者の言うことを聞かない患者ですが、副作用がひどければやめますが、上手くいけば続けようかなぁw

    今日早速やってみたので、今から体にどんな変化が起こるのか楽しみです。。。死んだりしてw

    皆さんは、容量・用法を守って正しく薬を飲みましょうね。


     
    Posted by : 張翼 | いやな気分よさようなら | 22:07 | comments(0) | -
    コメント









    TOP